事例制作ログ – 5G what for

国内5G動向・事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

知ってためになる単位の話(6)「台風がもたらすプレッシャーはいかほどか」

      2019/09/13

06

今年は、例年にも増して暑い夏となっていますが、台風の当たり年でもあるようです。程度の差はあれ、毎回、被害をもたらす台風は、日本人にとって厄介な存在である反面、国土の砂漠化や渇水を防ぎ、豊かな自然の維持に寄与するという側面もあるので「いたしかゆし」という存在ですね。
…ということで今回は、台風の単位を取り上げることにしましょう。

台風の目安は、10分間平均の風速を基準に「強さ」と「大きさ」で表されます。前者は最大風速をm/s(ミリ秒)で表し、後者は風速15m/s以上の半径をkm(キロメートル)で表します。詳しくは気象庁のサイトをご参照いただければ…と。

また、台風のニュースで「中心気圧は980ヘクトパスカル」などと伝えられますね。この値が小さいほど、気圧が低く、結果として勢力が強いことを意味します。このヘクトパスカルは、記号ではと記されますが、h(ヘクト)Pa(パスカル)を組み立てたものです。国際単位系(SI)における圧力の単位であるPaは、接頭辞hを付けることで大きな値となるものを見やすく表現できます。このように、ある単位を接頭辞や別の単位と組み立て別の単位とすることができるものを「組立単位」といいます。長さの単位であるm(メートル)は、2乗すると(平方メートル)という広さの単位に、3乗すると(立方メートル)という容積の単位になりますよね。Paは、1あたり、どれくらいの力がかかっているかを表します。そのままだと値が大きくわかりにくいことになるので、接頭辞のhを付けて100倍の単位としているのです。

さてこのパスカルという単位、人名に由来するものです。人間は考える葦であるのフレーズで有名なブレーズ・パスカルの功績を讃え圧力を表す単位の名前となっているのです。数学や物理学が好きな人にとっては、パスカルの三角形パスカルの原理パスカルの定理のほうがなじみ深いでしょうか。
フランスの哲学者であるとともに、自然哲学者(近代的物理学の先駆)、思想家、数学者、神学者でもあったというパスカルは、「早熟の天才」ともいわれ、39歳で亡くなっています。「美人薄命」などといわれますが、彼は、相対的に短い人生の中で、人一倍多くのことを学び、考え、成果を上げた人物といえるでしょう。圧力の研究を行うプレッシャーで寿命が縮まった…とは考えたくありませんね…。

 - その他

  関連記事

導入事例でマーケティング~ 導入事例と「お金」の話

アーキテクチャーでは年間100本以上の導入事例を取材・制作していますが、果たして …

導入事例でマーケティング(1)~事例制作は営業戦略と共にあり

ども。きたみーです。最近お客様からの相談で多いのが、「事例を作成して、集客したい …

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょ …

知ってためになる単位の話(2) 「nanoってなんナノ? 教えて小人さん」

よく耳目にするナノテク(ナノテクノロジー)。微細な物質を制御することで品質の向上 …

知ってためになる単位の話(3) 「今日は、フレンチでメートルとインチを食す」

前回、「単位の接頭辞(SI接頭辞)」という話を引きずり出しました。今回は、SIの …

事例制作に関するスタッフブログをスタート

事例制作に関するスタッフブログをスタートします。 有志5人の持ち回りで、週に1回 …

導入事例でマーケティング ~IT企業のウェブリニューアルレポート開始!

こんにちわ。きたみーです。7月から、あるIT企業さまのウェブリニューアルレポート …

事例制作ログは「5G what for」として12月リニューアル

本事例制作ログは「5G what for」として12月リニューアルいたします。現 …

2016年の「事例制作ログ」は3月スタート!

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 「 …

2016年版「導入事例ハンドブック」編集中!

「事例制作ログ」のコンテンツを厳選・編集した究極の一冊!好評をいただいた「事例制 …