事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

      2016/10/24

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょうがないので…)。
「国際単位系」とは、国際的に基準として定められた単位系をいいます。フランス語であるSystème international d’unitésの頭文字をとってSIとも呼ばれます。なんと発音するかは聞かないでください…。
「SI」と聞いて、「System Integration」をイメージした方は、IT業界または、関連業種の方だと思います。それは、それとして…。

と付くのは「系をなすもの」という意味があります。たとえば、前回の文中に登場した「インチ」は、ヤードポンド法における長さの単位ですが、より長いもの(距離)では「フィート」や「ハロン」、「ヤード」など別の単位を使いますね。「ハロン」は多くの方になじみのない単位だと思いますが、聞いたことがないという方は競馬好きの方に聞いてみてください。きっと得意になって教えてくれるでしょう。
これに対して、国際単位系における長さの単位である「メートル」は、「ミリ」「センチ」「キロ」など接頭辞を使用することで肉眼では見えないような微細なものから、飛行機や船の移動距離といった長い距離までも表すことができます。さすがに、天文学の分野で使用する場面は少ないわけですが、そこは、まさに「天文学的数字」になってしまい、イメージが持てないから…ということにしておきましょう。

さて、国際単位系は、パリ郊外にある「国際度量衡局(BIPM:Bureau International des Poids et Mesures)」という研究機関で管理されています。かなり不正確な記載なのですが、正確に書くと長くなるので、これでご容赦を。国際的な単位が必要だと取り組みをはじめたのがフランスですから、それを仕切る建物(組織)がフランスにあるのは当然とうことになるでしょうね。
余談ですが、今年、伊勢および志摩で開催された「主要国首脳会議」も、1975年にはじめて開催される際、その呼びかけを行ったのはフランスでした。フランス人は仕切るのが好きなんでしょうか。知人にフランス人がいないので、私にはわからないのですが…

この記事を書いた人

いとっち
いとっち
本名 伊藤幸夫。ディレクターときどきライターの書きたがり。阿漕は嫌いなアコギ(Acoustic Guiter)好き。縁あって単位とのおつきあいがはじまり、単位をテーマとした書籍を上梓。著書に「知っておきたい単位の知識200(ソフトバンク クリエイティブ刊)」「これだけ!単位(秀和システム刊)などがある。

 - その他, 雑談

  関連記事

導入事例でマーケティング~ 導入事例と「お金」の話

アーキテクチャーでは年間100本以上の導入事例を取材・制作していますが、果たして …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

【楽人楽酒 幻象学】アートを肴に

コンテンポラリーアートをやってるS君が京橋で個展をやってるというので、久しぶりに …

事例制作に関するスタッフブログをスタート

事例制作に関するスタッフブログをスタートします。 有志5人の持ち回りで、週に1回 …

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋Ⅱ ~昔を思って~

前回の続きです。当社のある秋葉原から電車に乗って一つ目の浅草橋は戦後少しまで栄え …

イベント裏方初挑戦「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」(後編)当日レポート

みたひが「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」に参加して、初めての「ファシリテータ …

2016年版「導入事例ハンドブック」編集中!

「事例制作ログ」のコンテンツを厳選・編集した究極の一冊!好評をいただいた「事例制 …

【楽人楽酒 幻象学】 飲み屋街のテーマパーク化?- 転換期を迎えて漠然とした不安が

何年か前、飲ん兵の視点(ちょっと大げさですが)でディープゾーン飲み屋街のテーマパ …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …