事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

知ってためになる単位の話(2) 「nanoってなんナノ? 教えて小人さん」

      2016/10/24

よく耳目にするナノテク(ナノテクノロジー)。微細な物質を制御することで品質の向上を実現したり、新たな製品を開発する技術ですね。しかし、世のオヤジたちの中には、本稿タイトルのようなフレーズが頭に浮かぶ…ということが少なくないかと…。

ナノ(nano)とは、ラテン語で「小人」という意味で、単位との関係では、小さいものを表すのに使用される「単位の接頭辞(SI接頭辞)」として使われます。nm(ナノメートル)というように単位の前に使用することで、SIの基本単位であるm(メートル)より小さいものを表すことができるようにしたもので「十億分の一」を表します。SI基本単位については、どこかで語ることにします。「それ、今すぐ知りたい」というせっかちな方は、ググっちゃってください。

IT関連では、通信速度を表すのにns(ナノ秒)といった単位を使用することがありますね。また、CPUの設計ではプロセスルールを示すのにnm(ナノメートル)という単位を使用しますね。これらは、それぞれ「十億分の一秒×n」「十億分の一メートル(=百万分の一ミリメートル)×n」を表しています。

…といっても、なかなかイメージがわかない…という方もいるでしょう。1nm(ナノメートル)という大きさは、物質を形作っている分子一個くらいの大きさだといわれています。そういわれると、いかに小さなものを表す単位であるかがイメージできるのではないでしょうか。このあたりの説明で勘弁してほしい…(笑)

SI接頭辞は、小さなものを示すものだけでなく、大きなものを示すものもあります。量が多いメニューを「メガ盛り」とか「ギガ盛り」といったりしますが、そのとき使用されるギガ(G)も同様で、ギリシャ語の「巨人」が起源であるようです。
しかし、SI接頭辞の定義ではメガ(M)は「百万倍」、ギガ(G)は「十億倍」を意味するので、正確な分量を示すものとすれば、いくら大食いの人でも食べきれないでしょうね…。

2

この記事を書いた人

いとっち
いとっち
本名 伊藤幸夫。ディレクターときどきライターの書きたがり。阿漕は嫌いなアコギ(Acoustic Guiter)好き。縁あって単位とのおつきあいがはじまり、単位をテーマとした書籍を上梓。著書に「知っておきたい単位の知識200(ソフトバンク クリエイティブ刊)」「これだけ!単位(秀和システム刊)などがある。

 - その他

  関連記事

事例制作に関するスタッフブログをスタート

事例制作に関するスタッフブログをスタートします。 有志5人の持ち回りで、週に1回 …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …

知ってためになる単位の話(6)「台風がもたらすプレッシャーはいかほどか」

今年は、例年にも増して暑い夏となっていますが、台風の当たり年でもあるようです。程 …

今年のテーマは「導入事例でマーケティング」。事例制作ログ2016始まります。

みなさまこんにちは。社長のきたみーです。花粉症真っ盛り、お花見真っ盛りですね。 …

【楽人楽酒 幻象学】 私なりの沿線旅~初めての店で飲むのは覚悟が必要?

昔贔屓にしていた飲み屋で知り合った友人Sちゃん、と言っても何歳か先輩なのですが、 …

2016年は「IoT導入事例」「インダストリー4.0導入事例」やります

にわかに業界キーワードとして急上昇を続けている「IoT」と「インダストリー4.0 …

導入事例でマーケティング ~IT企業のウェブリニューアルレポート開始!

こんにちわ。きたみーです。7月から、あるIT企業さまのウェブリニューアルレポート …

イベント裏方初挑戦「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」(後編)当日レポート

みたひが「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」に参加して、初めての「ファシリテータ …

知ってためになる単位の話(3) 「今日は、フレンチでメートルとインチを食す」

前回、「単位の接頭辞(SI接頭辞)」という話を引きずり出しました。今回は、SIの …

導入事例でマーケティング~ 導入事例と「お金」の話

アーキテクチャーでは年間100本以上の導入事例を取材・制作していますが、果たして …