事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

【楽人楽酒 幻象学】 私なりの沿線旅~初めての店で飲むのは覚悟が必要?

      2016/10/24

昔贔屓にしていた飲み屋で知り合った友人Sちゃん、と言っても何歳か先輩なのですが、久しぶりに飲もうということになり、今は同じ沿線に住んでいることもあり、沿線の駅で行ったことがない店に行こう、で合意、帰宅にも便利ですし。丁度会社近くの飲み屋でちょっと小耳にはさんだ、同じ沿線ということで気になってたお店があるので、そこにいこうということになりました。
PPS_tokkuritomasu_TP_V

Sちゃんはホテルなどホスピタル系の開発コンサルをしていて今はジャカルタとの往復で月の半分は日本にいないのですがご存じのように東南アジアでは日本料理屋が増えたといってもまだまだ刺身など生モノはイマイチ。そのせいもありSちゃん日本にいるときは異様に魚、それも刺身に飢えてます。小耳にはさんだ店は天ぷら屋なのですが夜はうまい魚を食わすと聞いてます。が、なにせ初めてのお店なので当たり外れは覚悟。いいお店を発見するためにはリスクの覚悟も必要かと(笑)。

という訳で今回訪ねたのは四ツ木の「星乃」という店。

戦前はセルロイド工場が集積してたそうで結構活気があったのでしょうか。四ツ木駅を降りると今では周りは閑散としてます。隣駅の立石は観光地化が進んで土日になるとディズニーランドのように客が押し寄せるので
最近は辟易することが多いのですが逆にちょっと寂しい下町風情にホッとします。。

居酒屋「えびすや」やうなぎの「魚政 」が有名ですが駅の周りには食い物屋はチラホラ。「星乃」は駅から2,3分、一応大通りと言っていいのか、そこに面したところにあります。5時半頃ノレンをかき分けお店に入ると私達が一番客。取り敢えずビールと生モノに飢えてるSちゃんが刺し盛りを早速注文(笑)。

ご主人は意外に若手、聞くと2代目。関西の料理屋何軒かで修行したそうで海外で板前をやりたかったそうですが親父さんが亡くなり店を継いだとのこと。一品料理も四ツ木らしくない…スイマセン(笑)本格割烹料理。太刀魚の焼、最高でした。もちろん下町に合う気軽なつまみもナカナカでした。おつまみカレーなんていうのもありましたよ。

というわけで久しぶりの和食を堪能したSちゃんも満足げ。今日のお店は当たり!

この記事を書いた人

新会長
新会長
社長職を北御門に譲り、アーキテクチャーの会長となりました。このブログでは主に雑談担当です。

 - その他, 雑談

  関連記事

知ってためになる単位の話(2) 「nanoってなんナノ? 教えて小人さん」

よく耳目にするナノテク(ナノテクノロジー)。微細な物質を制御することで品質の向上 …

知ってためになる単位の話(3) 「今日は、フレンチでメートルとインチを食す」

前回、「単位の接頭辞(SI接頭辞)」という話を引きずり出しました。今回は、SIの …

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょ …

導入事例でマーケティング~ 導入事例と「お金」の話

アーキテクチャーでは年間100本以上の導入事例を取材・制作していますが、果たして …

イベント裏方初挑戦「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」(前編)

午前2時。私は今、北の大歓楽街「すすきの」のとあるお店で、絶品の「長崎ちゃんぽん …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

2016年は「IoT導入事例」「インダストリー4.0導入事例」やります

にわかに業界キーワードとして急上昇を続けている「IoT」と「インダストリー4.0 …

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …