事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

動画事例制作をスムーズにするためのTIPS(2)

      2015/10/20

image無事に撮影が終わった動画事例。約1週間~10日で、最初の編集(試写と言います)がアップします。そしてここからが大変。映像についての修正事項をどうやってとりまとめて、スムーズかつ効率的に制作を進めればよいのでしょうか。

誌面と違い、意外と大変な動画のチェック

編集が完成した動画は、当社の場合、URL非公開のYouTubeにアップしてクライアントに展開します。編集した動画をそのままデータ便などで送ってしまうと、ダウンロードに時間がかかり(確認用に圧縮しても100メガ以上になります)、「ダウンロードが面倒だから後で確認しよう」という、タイムロスが発生しがちだからです。YouTubeならば、スマホでもすぐ確認していただける上、ダウンロードの手間・時間も必要ありません。

しかしここで、重要なポイントは、動画の修正指示の「お作法」を、きちんとクライアントと共有してお
くことです。何故でしょうか。

 

メールでやりとりすると段々混乱することに。。。

例えば「試写が出来上がったので〇日までに確認して、修正点を連絡してください」とだけメール本文に書いて、クライアントに送ったとします。クライアントの担当者は(時には複数)、YouTubeを行ったり来たりしながら、以下のような方法で修正点を列挙していきます。

  • メール本文に直接「〇分〇秒~〇分〇秒まで削除」「〇分〇秒の字幕を△△に訂正」などと箇条書きで記載する
  • YouTubeの画面キャプチャーをパワーポイントに貼り、そこに吹き出しで修正点を付け加える
  • 撮影台本のワードに、変更履歴とコメントで修正点を書き込む

といった具合です。いずれの方法もクライアントにとって、負荷のかかる作業であるうえ、複数の担当者がいる場合には、全部バラバラの形式で修正指示が戻ってくることになります。

そしていずれの方法でも問題なのは、映像を修正するプロダクション担当者にとっては「時系列が直感的に分からない」ことなのです。

 

オススメは、時系列で修正点が把握できる管理シートを用意すること

例えば、「〇分〇秒~〇分〇秒まで削除」とあっても、結局は編集映像を辿っていかないと該当箇所が把握できません。また、修正箇所が必ずしも時系列にならないため、映像を行ったり来たりしながら修正することになります。

パワーポイントの修正指示でも同様です。「このシーンはどこのシーンだっけ」と探しながら、修正を進めることになります。

撮影台本に書き込めば時系列にはまとまりますが、あくまで台本に過ぎず、「あるインタビューカットのこの台詞の時に、この映像を挿入してほしい」といったピンポイントの指定は非常にやりづらいものです。

そこでお薦めが、インタビューの字幕を制作し、それを分解した「字幕シート」を作成することです。字幕は、1回に表示できる文字数が日本語なら25文字~30文字程度と制限されるため、おのずと細かく分割された「字幕シート」ができあがります。

<字幕シートのサンプル>graph01(※クリックで拡大)

この字幕シートのセル(あるいは列を追加して)、該当字幕の行に、赤字で修正事項を書き込んでもらいます。もともと細かく分割されているため、クライアントは「〇分〇秒から~」と書く必要はありませんし、編集するプロダクション側も、一目でどの箇所の修正か分かるため、迅速かつ間違いなく、修正を進めることができるのです。

字幕シートにはもちろん、画像を張り付けることができるので、細かな図版の修正指示などは、セルを大きく広げて修正指示の画像(パワーポイントで作ったものなど)を張り付けていただきます。

複数のクライアント担当者がいる場合でも、この「字幕シート」は大変有効です。クライアント担当者同士も、他の修正コメントを見ながら書き込むので、矛盾した修正指示や、重複した修正指示を避けることができます。

動画の校正作業にはこのような「字幕シート」の活用をぜひお薦めします!

 

英語字幕の注意点

この「字幕シート」にはもう1つ大きな利点があります。それは、海外版を制作する際の英語字幕の文字数制御です。一般的に、英語に翻訳すると文字数が1.5倍に増えるため、英語字幕が画面に追い付かない・・・といった事態が頻繁に発生します。

<翻訳例>

日本語:導入を決定したのは2015年の7月でした。
英 語:We have decided to introduce the product in July 2015 .

そこで「字幕シート」の出番です。セルに関数が仕込んであり、日本語/英語字幕の「最大文字数」「実際の文字数」「超過文字数」が出るようになっています。これを見ながら字幕を分割することで、「いざ英訳したら字幕が全然入らない!」というリスクを回避することができます。

以下は、字幕シートを用いて当社が実際に制作した海外版です。

いかがでしたか?

動画事例は、誌面事例とは異なる局面で手間とコストが発生しがちです。しかし、ちょっとしたフォーマットを用意することで、思いのほか進行管理が楽になります。ぜひお試しください。

 

まとめ

  • 動画事例の校正において肝心なのは「修正指示のお作法」をクライアントと共有すること
  • 時系列で直感的に修正箇所が判断しやすく、複数人の修正依頼をまとめることができる「字幕シート」の活用がお薦め
  • 英語字幕の作成の文字溢れは、日本語字幕作成の段階から文字数レベルでチェックすること

この記事を書いた人

きたみー
きたみー
導入事例制作一筋10年以上。アーキテクチャーの代表もやってます。
未来の野望は映画監督と港で釣り人相手のラーメン屋台開業。

 - ノウハウ, 動画

  関連記事

前回記事で検証。コンテンツSEOは本当に効果があるか?

04/22に「コンテンツSEOを事例記事で実現できる?(テストもしてみた)」とい …

コンテンツSEOを事例記事で実現できる?(テストもしてみた)

「コンテンツSEO」というものをご存じだろうか?検索エンジンで上位を目指す検索エ …

ディレクターの仕事(1)~スタッフの力を引き出し、クライアントを納得させる

アーキテクチャーでは現在5人のディレクターで年間140本~150本の導入事例をプ …

2016年版「導入事例ハンドブック」編集中!

「事例制作ログ」のコンテンツを厳選・編集した究極の一冊!好評をいただいた「事例制 …

2016年は「IoT導入事例」「インダストリー4.0導入事例」やります

にわかに業界キーワードとして急上昇を続けている「IoT」と「インダストリー4.0 …

継続的な事例制作に必要な視点「鮮度・頻度の管理」「目的別の分類」

導入事例ほど「継続性」が重要視されるコンテンツはありません。数が少なければ「ユー …

お金をかけずにオウンドメディアを実現する方法 1/2

先日、ある飲みの席で「効果がでるオウンドメディアを作りたいのでやり方を教えてくれ …

動画事例制作をスムーズにするためのTIPS(1)

最近ではスマートフォンの普及などにより誰もが手軽に動画を見られるようになりました …

ディレクターの仕事(2)~60分の取材時間での気配りと目配り

「新人・お砂糖、ディレクターへの道!」で、お砂糖さんが触れていますが、ディレクタ …

導入事例テンプレートを提供開始しました

このたび、より効率的にお客様の事例制作をご支援するため、導入事例専用のオリジナル …