事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

知ってためになる単位の話(1)「Hz(ヘルツ)と焼き鳥の微妙な関係」

      2016/03/31

「単位」、それは普段、誰もがお世話になっているのに、あまり意識することがない存在です。しかし、単位がなければ大変不便で、世の中、大混乱に陥ってしまうでしょう。そんな「縁の下の力持ち」のような、存在である単位をテーマに「いとっち」がこのコーナーを担当させていただきます。

本ブログをお読みの方は、IT関連企業にお勤めの方が多いと思うので、このシリーズではIT関連でよくつかわれる単位および、その周辺ネタを中心に取り上げていこうと思います。単位について知っていることで、商談の話が弾む…かも。

今回は、「Hz(ヘルツ)」を取り上げます。これは、周波数の単位であるということは、ご存じですよね。では、「周波数とは何か」と問われると、即答できるでしょうか。

周波数とは、1秒あたりに電磁波や音波などが、何回繰り返されるかを表すもので、CPUの処理能力を示すひとつの指標として使われる単位です。1972年6月30日までは、「c/s(サイクル毎秒)が使われていましたが、「計量法」という法律が改正されたことで、現在ではHzが使われます。

このHzという単位、電磁気学の分野で貢献したドイツの物理学者ハインリヒ・ヘルツの功績に基づくものですが、響きが何かに似ていると思いませんか。そう、焼き鳥の「ハツ」です。ハツは、hearts(心臓を表すheartの複数形)が語源で心臓肉を意味するものです。「ココロ」とも呼ばれますね。

両者は、直接関係ないのですが、コンピュータのCPUが限界を超えた温度で破損することを「焼き鳥」と呼んだりします。これは、ヒートシンクの取り付けミスなどに起因する冷却不足によるもので、Thunderbirdコアのプロセスで生産されたCPUで多発したことに基づきます。Thunderbird(雷鳥)が焼けるので「焼き鳥」というわけです。CPUの破損はシャレになりませんが、ちょっとおもしろいと思いませんか。

-shared-img-thumb-150829302415_TP_V

 

この記事を書いた人

いとっち
いとっち
本名 伊藤幸夫。ディレクターときどきライターの書きたがり。阿漕は嫌いなアコギ(Acoustic Guiter)好き。縁あって単位とのおつきあいがはじまり、単位をテーマとした書籍を上梓。著書に「知っておきたい単位の知識200(ソフトバンク クリエイティブ刊)」「これだけ!単位(秀和システム刊)などがある。

 - 雑談

  関連記事

【楽人楽酒 幻象学】 私なりの沿線旅~初めての店で飲むのは覚悟が必要?

昔贔屓にしていた飲み屋で知り合った友人Sちゃん、と言っても何歳か先輩なのですが、 …

楽人楽酒 幻象学「人間嫌いの孤独嫌い」

「人間嫌いの孤独嫌い」 酒好きには「人間嫌いの孤独嫌い」なんていうタイプが多いん …

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】 飲み屋街のテーマパーク化?- 転換期を迎えて漠然とした不安が

何年か前、飲ん兵の視点(ちょっと大げさですが)でディープゾーン飲み屋街のテーマパ …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …

アジアでのコンテンツビジネスを考える

スカルノハッタ国際空港から市内へ向かう高速道路で、突然タクシーの運転手が路肩に車 …

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋Ⅱ ~昔を思って~

前回の続きです。当社のある秋葉原から電車に乗って一つ目の浅草橋は戦後少しまで栄え …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …

知ってためになる単位の話(6)「台風がもたらすプレッシャーはいかほどか」

今年は、例年にも増して暑い夏となっていますが、台風の当たり年でもあるようです。程 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …