事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋

      2015/10/30

ponkichi神田須田町の柳森神社の近くに当社オフィスがあります。交通の便の良いJR・メトロ秋葉原駅と都営線岩本町駅に挟まれ、立地は都内でもなかなかです。神田駅にも歩いて8分ほど、飲んべぇには魅力的な場所です(笑)。今回は会社近辺の飲み屋の話を。生きた情報です。

神田駅近辺は言わずと知れたオヤジ飲んべぇ街。情報満載ですので検索すれば有名所がすぐ探せると思いますので、穴場中の穴場を。

最近立ち寄る神田駅周辺の「宿場」は家族でやっているアットホームな居酒屋です。木をメインにした清潔感ある昔風な造りが心そそられます。つまみ類も種類は多くありませんが新鮮なお刺身、手の込んだ煮物類、季節ものなど酒好きにはたまりません。。旦那さん御一人で料理してますので出てくるのはちょいと遅いのですが、それはそれで風情になってます。蒟蒻の炒め煮は絶品ですよ。ただ最近チョイと混みだしました。路地裏でひっそりと営業しているお店ですが、神田飲んべぇ連中が嗅ぎ付けたのかしら…(笑)

神田駅周辺は老舗の「三州屋」、サラリーマンのオアシス「大越」など老舗、新規店入り交じりの激戦区ですが生き残れる店は多くはありません。飲んべぇの価値観はまず値段と味が第一、次に雰囲気でしょうか。だいたい毎日飲む連中ですから懐具合と味のバランスを大事にしますよね。神田はそんな連中が集まる場所。新規開店したと思ったら半年もたたず違うお店になってるなんてザラです。

最近、オヤジさん御一人でバーテンダーとして営業していた「トロイカ」というバーが店仕舞いしました。神田で何十年というお店でしたが良心的なお値段と小腹を満たすちょっとしたつまみもあり、昭和の香り漂ういいお店でした。マスターが御年とはいえ寂しいもんです。ただ、跡継ぎもさせずご自分ともに店も閉める。今となっては事情もわかりませんが潔さを勝手に感じてます。

昔から続いてるお店は懐かしさを感じるだけではなく、どんなお店でも風格というかお店の独自の文化を持ってるような気がします。昔からの常連だけではなく若い客も引きつける魅力はそこにあるのでしょう。新規開店したお店が潰れずに何十年か過ぎた時には神田の名店に。もちろん値段と味のバランスが大事ですが…(笑)。

この記事を書いた人

新会長
新会長
社長職を北御門に譲り、アーキテクチャーの会長となりました。このブログでは主に雑談担当です。

 - 雑談

  関連記事

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょ …

【楽人楽酒 幻象学】 同期との親睦会

最近、高校同期の連中と伊豆高原でゴルフも兼ねての2泊の親睦会がありました。 宿泊 …

知ってためになる単位の話(1)「Hz(ヘルツ)と焼き鳥の微妙な関係」

「単位」、それは普段、誰もがお世話になっているのに、あまり意識することがない存在 …

【楽人楽酒 幻象学】 飲み屋街のテーマパーク化?- 転換期を迎えて漠然とした不安が

何年か前、飲ん兵の視点(ちょっと大げさですが)でディープゾーン飲み屋街のテーマパ …

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋Ⅱ ~昔を思って~

前回の続きです。当社のある秋葉原から電車に乗って一つ目の浅草橋は戦後少しまで栄え …

【楽人楽酒 幻象学】 保守的な自分?・・・いやいや歳のせい?

最近、新しいものに興味がなくなりつつあります。歳のせいで保守的になったのか。飲み …

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

【楽人楽酒 幻象学】 私なりの沿線旅~初めての店で飲むのは覚悟が必要?

昔贔屓にしていた飲み屋で知り合った友人Sちゃん、と言っても何歳か先輩なのですが、 …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …