事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

【楽人楽酒 幻象学】アートを肴に

      2015/10/20

00

コンテンポラリーアートをやってるS君が京橋で個展をやってるというので、久しぶりに彼とも飲みたいし会場に駆けつけました。彼は私と同じ年。40年以上作品を作り続けてますが作品のクオリティが下がる気配はありません。

気に入った一点を購入してしまいました。奥さんに怒られる(笑)。

近くの居酒屋でアートをサカナに一杯。ニューヨークでは70年代日本の「もの派」の作品が売れてるとのこと。ニューヨークで日本の作家が人気とはちょっと信じられません。というのはアメリカ現代美術はヨーロッパの影響から抜け出すための格闘の歴史だからです。そのため、かなりナショナリズムの気配が強く(鉱山王グッゲンハイムなどのお金持ちが、言葉は悪いのですが、評価が定まってない自国の作家の作品を買いあさり、確固としたアート市場をアメリカに創った?)、日本の現代美術がニューヨークで売れるとはちょっと信じられないのです。

アートビジネスの世界はアーティストだけで成り立つわけではなく、批評家が作品を言葉化する作業を通じてマーケットに受け入られます(画商は厩舎、作家は馬のたとえあり。さしずめ批評家は調教師か…笑)。日本の現代美術を研究する批評家もアメリカにいない訳ではありませんが、グッゲンハイム美術館シニア・キュレーターのアレクサンドラ・モンローぐらいしか頭に浮かびません。確か1994年に「Scream Against the Sky」展と称して戦後日本の現代美術を紹介してますが…間違ってたら御免なさい。この程度のイベントでアメリカのアート市場で人気になるとは考えにくいのです。アメリカのアートシーンで何が起こってるのか気にかかります。

しかしこの店、近くにある会社の社長に教えてもらったのですが魚はうまいし、とんでもなく安い。おまけに元高級割烹店だったらしく店構えも申し分ありません。

S君のアトリエは千葉の房総です。楽しい酒ですがS君が帰宅できなくなります。名残惜しいですがそろそろお開き。

しかし、アメリカのアートシーン気になります。後日、友人の画商兼美術批評家のMちゃんと会う機会があったので、飲みついでに早速聞いてみました。彼曰く「現在のアメリカアートシーンは元気がない。新しいムーブメントも有力な新人もなかなか現れないし、ニューヨークの画商連中もビジネス的に行き詰まってる。その時に目を付けたのが戦後日本の現代美術。日本の現代美術はアメリカでの評価も定まってなく、作品の値段も安いし、買いあさって高く売る。そのために最近は戦後日本の現代美術を紹介する展覧会もアメリカで多く開催されてるよ。」とのこと。ウーンそうか。

しかしアメリカのコンテンポラリーアートの世界はどうなってるのかしら。ジャクソンポロック、バーネットニューマン、マークロスコ、ステラ、ポップアート、ニューペインティング、世界のアートシーンをリードしてたのに。アートナショナリズムが成り立たない程、アメリカ世界は分断してるのかしら。

ちょっと酔いが回ってきました。
世界に目を向けて現代美術をウォチングしてみよう。

この記事を書いた人

新会長
新会長
社長職を北御門に譲り、アーキテクチャーの会長となりました。このブログでは主に雑談担当です。

 - 雑談

  関連記事

【楽人楽酒 幻象学】 同期との親睦会

最近、高校同期の連中と伊豆高原でゴルフも兼ねての2泊の親睦会がありました。 宿泊 …

楽人楽酒 幻象学「人間嫌いの孤独嫌い」

「人間嫌いの孤独嫌い」 酒好きには「人間嫌いの孤独嫌い」なんていうタイプが多いん …

知ってためになる単位の話(1)「Hz(ヘルツ)と焼き鳥の微妙な関係」

「単位」、それは普段、誰もがお世話になっているのに、あまり意識することがない存在 …

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょ …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

【楽人楽酒 幻象学】 時代の性(サガ)

学生時代の友人が同期の人間を誘ってウォーキングを兼ねた東京名所めぐりを年に3,4 …

知ってためになる単位の話(6)「台風がもたらすプレッシャーはいかほどか」

今年は、例年にも増して暑い夏となっていますが、台風の当たり年でもあるようです。程 …

アジアでのコンテンツビジネスを考える

スカルノハッタ国際空港から市内へ向かう高速道路で、突然タクシーの運転手が路肩に車 …