事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

【楽人楽酒 幻象学】 保守的な自分?・・・いやいや歳のせい?

      2015/10/20

Shinjuku-Omoide-Yokocho-1012132E5BFDB3BA
最近、新しいものに興味がなくなりつつあります。歳のせいで保守的になったのか。飲み屋さんに限ると、頑ななまでにチェーン店や大手のお店を拒否する自分がいます。

どこのお店とは言いませんが融通の利かないマニュアル通りの接待、10杯は飲まないといい気持ちになれない薄いサワー系焼酎。どうにもこうにも私の頭の中にこんな思いが刷り込まれてしまい、なかなか足を運べません。気付くと新しくオープンした個人経営のお店にも新しいというだけで偏見を持ってしまってます。

寄るのは昔から足を運んでる代わり映えしないお店だけ。確かにいいお店ばかりなのですが…冒険心を失った自分自身にもハタと気付きます(笑)。若い時は失敗を恐れず新しいお店にもチャレンジしてたのにと。失敗がない代わり発見もありませんよね。

保守という言葉の意味が「歴史が面々と担ってきた本質を大事にする」ととらえると、新しくオープンしたお店にもその本質を持ったお店もあるはず。そう考えるとただ単に歳のせいでチャレンジ精神が欠けてきたんでしょうかね。
マズイマズイ(笑)…どんどん新しいお店も開拓しないと。新しいお店も将来、老舗と言われるようなお店の一つになるかもしれません。

あと5分で退社時間。会社の近くにオープンしたお店があったはず。
早速、寄ろう!!

この記事を書いた人

新会長
新会長
社長職を北御門に譲り、アーキテクチャーの会長となりました。このブログでは主に雑談担当です。

 - 雑談

  関連記事

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …

【楽人楽酒 幻象学】 飲み屋街のテーマパーク化?- 転換期を迎えて漠然とした不安が

何年か前、飲ん兵の視点(ちょっと大げさですが)でディープゾーン飲み屋街のテーマパ …

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋Ⅱ ~昔を思って~

前回の続きです。当社のある秋葉原から電車に乗って一つ目の浅草橋は戦後少しまで栄え …

【楽人楽酒 幻象学】 時代の性(サガ)

学生時代の友人が同期の人間を誘ってウォーキングを兼ねた東京名所めぐりを年に3,4 …

知ってためになる単位の話(5)「すこぶる辛さを示すスコヴィル値」

全国的に梅雨が明けて、本格的な夏到来となりました。夏になると食欲が落ちるせいか、 …

知ってためになる単位の話(6)「台風がもたらすプレッシャーはいかほどか」

今年は、例年にも増して暑い夏となっていますが、台風の当たり年でもあるようです。程 …

アジアでのコンテンツビジネスを考える

スカルノハッタ国際空港から市内へ向かう高速道路で、突然タクシーの運転手が路肩に車 …

楽人楽酒 幻象学「人間嫌いの孤独嫌い」

「人間嫌いの孤独嫌い」 酒好きには「人間嫌いの孤独嫌い」なんていうタイプが多いん …