事例制作ログ

事例の制作・活用に関するアレやコレ、かなり雑談

【楽人楽酒 幻象学】 飲み屋街のテーマパーク化?- 転換期を迎えて漠然とした不安が

      2015/08/06

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何年か前、飲ん兵の視点(ちょっと大げさですが)でディープゾーン飲み屋街のテーマパーク化を書いたことがありましたが、近年、ますますテーマパーク化は進行してる感がありますね。昔は地域の人間が集うただの飲み屋街に遠方から客が押しかけてます。安くて旨いというメリットはあるのですが・・・。

地元の飲ん兵が押し出されてもそこは飲ん兵、しっかり別のお店を見つけ溜り場にしてますし、下町の活性化にも少しは役立っていると思いますので悪いことでもないとは思います。

そこで、またまた大袈裟に考えてみます…(笑)。戦前までのローカル共同体が崩れ、その役割を戦後、会社組織がにない、近年のグローバル化の進展で会社共同体意識が崩れてます。高度成長期を過ぎバブル崩壊にリーマンショック。世界構造も大きな転換期を迎えようとしてる時に、漠然とした不安を抱えてる。人間は一人では生きられない動物。そんな不安な心が昔懐かしさを感じさせるディープな飲み屋に引きつけられる。昨今のディープ飲み屋街ブームもそんな背景があるのかと。ちょっと後ろ向きな感じかな…。

国を持てなかったユダヤや華僑のシンジケートのあり方に進展するグローバルな時代を生き抜くヒントがあるのでは。彼らは場所ではなく世界中に人的ネットワークを張り巡らせてますし。まさに人が共同体の中心ですよね。

「場所に捉われない共同体」

ちょっと考え過ぎですかね。
ただ安くて旨くて落ち着ける場所を求めて集まるだけかも。
アーうまいホルモン喰いたい。

この記事を書いた人

新会長
新会長
社長職を北御門に譲り、アーキテクチャーの会長となりました。このブログでは主に雑談担当です。

 - 雑談

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋

神田須田町の柳森神社の近くに当社オフィスがあります。交通の便の良いJR・メトロ秋 …

知ってためになる単位の話(1)「Hz(ヘルツ)と焼き鳥の微妙な関係」

「単位」、それは普段、誰もがお世話になっているのに、あまり意識することがない存在 …

アジアでのコンテンツビジネスを考える

スカルノハッタ国際空港から市内へ向かう高速道路で、突然タクシーの運転手が路肩に車 …

知ってためになる単位の話(4) 「国際的な単位は、どこで作っているのか」

今回は、いよいよ国際単位系(SI)のお話をすることにします(もったいぶってもしょ …

【楽人楽酒 幻象学】 下車した駅で

昭和25年生まれは団塊世代のチョット後になります。私の友人たちもすでに退職した者 …

【楽人楽酒 幻象学】酒乱は潜在意識の解放?

入社仕立ての若かりし頃、酒好きの先輩連中から誘われ3軒ほど飲屋に連れ回されたこと …

【楽人楽酒 幻象学】 保守的な自分?・・・いやいや歳のせい?

最近、新しいものに興味がなくなりつつあります。歳のせいで保守的になったのか。飲み …

【楽人楽酒 幻象学】 地元の飲み屋で人命救助

私の住まいはニュータウンの一角。 近くには古くからの農地も多く、私が通う飲屋の客 …

【楽人楽酒 幻象学】 会社近辺のいい飲み屋Ⅱ ~昔を思って~

前回の続きです。当社のある秋葉原から電車に乗って一つ目の浅草橋は戦後少しまで栄え …

【楽人楽酒 幻象学】 時代の性(サガ)

学生時代の友人が同期の人間を誘ってウォーキングを兼ねた東京名所めぐりを年に3,4 …