マーケティング活動を前提にした事例制作をご提案

ec_01

導入事例をマーケティングに活かすためには、漏れのない取材設定と負荷の少ない制作体制、そして継続的なコンテンツ運用が欠かせません。アーキテクチャーは、お客様のニーズに応じて最適な制作体制やロードマップをご提案し、貴社製品・サービスの認知向上/拡販/ブランディンク強化につなげていきます。

 

事例活用のPDCAを運用

恥めて導入事例を制作れる場合は、ヒアリングの上、事例活用の目的や事例を認知させたいターゲットを明確にします。また、年間の目標制作数や、事例フォーマットの様式・文字量など、貴社に最適な事例戦略をご提案いたします。一過性ではなく、事例の制作効果を蓄積し、最大化していくPDCAサイクルが重要です。

事例戦略のPDCAをお客様と共に運用します。

 

ニーズに応じて事例活用をご支援!

はじめて導入事例に取り組まれる企業様

最初の導入事例制作をステップごとに分かりやすくサポートいたします。その過程で事例制作に必要な様々なドキュメント(取材依頼書・スケジュール案・取材質問案テンプレートなど)についても、貴社専用にカスタマイズしたものをご用意し、以降の事例制作を効率化する基盤を作ります。

既に事例があり、さらに数や業種を増やしたい企業様

既存事例の構造を精査し、必要に応じフォーマット変更などのご提案をいたします。制作フローを標準化し、取材以降の確認業務を当社にアウトソーシングいただくなど、貴社担当者の負荷を下げ、よりスムーズで効率の良い事例制作プロセスを再構築します。

マーケティング戦略との連携が課題になっている企業様

制作した事例をどうマーケティングに活用するかが、最終的な課題となります。アーキテクチャーでは、貴社の営業戦略を踏まえ、Webからの問い合わせリード獲得や、営業現場での最適な事例活用をトータルにご支援します。